公開間近の劇場版『Fate/staynight Heaven's feel』がどういう作品かわからない人へのまとめ





10月14日から公開される『Fate/staynight Heaven's feel』第一章(全三章)
ヘブンズフィール、通称HF


CMも流れ、宣伝もされているが悲しいことに作品の知名度が低い。

もちろん昔からのFateファンには待望の話だが、
新規ファンの中にはどういう話、位置づけの作品か分かってない人もしばしば
中には「総集編じゃないか?」と思ってる人もいるとかいないとか。

まあFGOから入ってきた新規はものすごいいるから仕方ないけどね。


知られてなさすぎて私は悲しいので解説。


まず『Fate/stay night』
2004年に発売されたPCゲーム。

その世界観やシナリオでアダルトゲーム業界では異例の売上を叩き出したゲームだ
ビジュアルノベルゲームであり、話を読み進め選択肢を選んで行くゲームなわけだが
その物語は大きく分けて3つのルートに分岐する


ヒロインの一人セイバーが中心となるFateルート(2006年にアニメ化)

ヒロインの凛、そしてセイバールートで謎のままだった男が中心になるUnlimited Blade Worksルート(通称UBW、2014年にアニメ化)

そして3つ目のルートが今回劇場公開となるヒロイン桜のルート「Heaven's feel」だ。



もちろんルートごとの話は完全に別物となっている。

展開、や戦う相手も違えば主人公の衛宮士郎が行き着く答えも違う。
キャラの出番も当然かわり、例えばセイバールートで出番が薄かったキャラはUBWルートで出番が増えたり。
或いは前のルートで目立った分、次のルートでは出番が減っていたりもする


各ルートについて軽く説明すると

Fateルートは王道なボーイミーツガールな感じ。最初のルートだけあって話も分かりやすい。
個人的にはFate/zeroから見ている人はこのルートを見ないと駄目だろう。
10年前の戦いを、そのマスターだった男についてセイバーが語るというのにコレを見逃しているのはもったいなさ過ぎる

UBWルートは熱血物とでもいうべきか。Fateルートとの違いも序盤から現れ熱い展開が多い
Fateルートで主人公が抱える歪みが垣間見えていたが、このルートではその歪みに向き合うこととなる

ではHFルートでは何を描いてるかといえば、「この聖杯戦争に隠された真実」だ。
話としても総決算、もはや聖杯戦争どころではなくなる
主人公の士郎もこのルートでは自分の思う正義に悩み、他ルートでは見られなかった1つの答えを出す






と、こんな感じで各ルートごとに話は全く違うstay night
話のグレードもルートごとに上がっていくような感じで、
「やさしい、ふつう、むずかしい」といった所。

そこでしか語られないような話ばかりなので
全てのルートを見てこそstay nightを見た!とやっと言えるような壮大な作品
シナリオ量がものすごいので総プレイ時間がすごいことになると当時は話題だった


なので、stay night初見な人がいきなり劇場版HFを観に行くのはオススメしない。
どういうキャラがいて、本来ならどういう戦いをしていたはずだったのか、を
前ルートを見て分かっていないと急展開すぎて意味不明になるだろう


2006年のFateルートのアニメ(他ルート要素も少し混ざってる)や
2014年のUBWルートのアニメを見て予習しておいたほうがいい
。せめて片方だけでも。

Fateルートのアニメを作った制作会社による「UBWの劇場版」も存在するのだが
これは短い時間に話を詰め込みすぎているので初見バイバイ。オススメしない


ちなみに原作はPCゲームだが、(中古などで買える?)
移植版がPS2やVITA、スマホアプリで出ている。


移植版は18禁シーンや過激なテキストが修正されているがフルボイスとなっているので
興味がある人は是非。
スマホアプリではセイバールートは無料配信されている




ゲームやアニメでFate/stay nightの世界に触れて
劇場版Heaven's feelを最大限に楽しんでほしい






余談だが、
Apocryphaとかがアニメでやっている今、「これは何年後の話なのか?」みたいな疑問を持つ人も多いとか。
Fate作品が多すぎるので新規は混乱しがちだろう

説明するとFate/stay nightから話が繋がっている作品は

続編ゲームである『Fate/hollow ataraxia』
10年前を描いた小説、アニメ『Fate/zero』(細かな設定などに違いがある)
zero後、stay night前の時系列の小説『ロード・エルメロイ二世の事件簿』

おおよそこれくらい。


つまりApocryphaやらEXTRAやらプリズマ☆イリヤやらFate/Grand Orderでさえも
stay nightと同じ世界の話ではない。

作品ごとに、途中までは同じだったが大きく分岐している


魔術やサーヴァントなどの設定こそ共通するが、
何処かで大きく歴史が変わっている並行世界の話ばかりだ。

何作も外伝が出ているFateだが、実際話が続いてるような作品はほとんどないので
外伝作品に触れる順番などはさほど気にしなくてもいい。
「またなんか別の歴史辿った世界でサーヴァント呼ぶんだな」くらいに思ってほしい。


とはいえ、設定、サーヴァントの逸話などは他作品を知ってるとニヤリとできる事柄も多い。
幾つもの作品に出演しているキャラクターもいるので、
たくさんのFate作品を理解しているほどより深く楽しむことができるだろう





長くなったが要するに言いたかったのは
・劇場版『Fate/staynight Heaven's feel』見るならstay nightの前のルートは最低限押さえておけ!!
・Fate外伝作品は多いけど大抵は話繋がってないから!!


の2点。
少なくともFate/stay nightさえ見ておけば
「ああ、今回はこういうFateなのね」と外伝も受け入れやすくなる

先に外伝Fateから入ってしまうと混乱しやすくなるかもしれない



いや本当にセイバールートは見てほしい、読んでほしい
スマホでセイバールート無料配信してるから試しに触ってほしい本当に。

そして願わくばもっと知名度の低い『Fate/hollow ataraxia』も注目されろ…!












この記事へのコメント